fc2ブログ

水耕栽培Q&A

  1. 取れすぎたトマト・ミニトマトはどうする?

    前回の「2020年、ミニトマト・キュウリ・小玉スイカ・ナスetc.店長宅栽培品種はなに?」でご紹介したように店長の家では多くの野菜を育てています。今年は現段階で17装置が稼働しています。いろいろな栽培事例をご紹介できるように沢山植えていますが、そうなると収穫量もすごい。当然、我が家で食べきれる量ではありません。2019年、1日の収穫量が最大だった日は7/12トマト・中玉トマト・ミニトマトで合計1835ヶ収穫。1.食べ比べ...

    /blog-category-15.html
  2. 2020年、ミニトマト・キュウリ・小玉スイカ・ナスetc 店長宅栽培品種は何?

    季節外れの寒気も抜けそうですね。さっ!春の栽培開始の季節です!ホームセンターや種屋さんのホームページを覗くとワクワクしますね。いろいろ迷いますが、今年の店長宅の栽培は以下の品種でスタートしました1 プラレ公益財団法人 園芸植物育種研究所 プラム型ミニトマト2/27播種 種から栽培毎年栽培している、ごきげん野菜おすすめ品種です。プラレの種の情報はこちら「プラレ10粒入り580円」はこちらからプラレの栽培事例(...

    /blog-category-15.html
  3. おすすめミニトマト7品種を34人に食べ比べアンケートの結果 おいしいの甘いのはどれ?2019年

    ホームセンターや園芸店に並ぶミニトマトの苗、たくさん並んでいて、どれもこれも「甘い!」「おいしい!」と書いてある。一体どれが甘くて美味しいのか?毎年、気に入ったものは継続、新しい品種を数本増やして10年以上。店長の基準で美味しい!甘い!と思う品種が残ってきています。でもそれは私個人の基準。昨年夏、息子の少年野球チームで野球少年や指導者・保護者34人に食べ比べしてもらい、アンケートを取った結果をまとめて...

    /blog-category-15.html
  4. ハイポニカ新機種 MASUKO(マスコ)と601型果菜ちゃんの比較栽培

    ホームハイポニカシリーズで新しくホームハイポニカMASUCO(マスコ)が販売開始!新発売のため、まだ当店では栽培をしたことがありません。機能・サイズ的にはホームハイポニカ601型果菜ちゃんと同じくらいと想像しますが、さっそく当店お勧めの種甘くておいしい「プラレ」で比較栽培しています。栽培の様子を定期的に紹介しますね。2月27日種まきまだまだ寒いこの時期、ミニトマトの種にとっては発芽したいと思う温度ではありませ...

    /blog-category-15.html
  5. 農業用栽培槽で自作水耕 配管について2

    「農業用の栽培槽で自作水耕 配管について」は以前も記事にしましたが、今回は補足情報。こんなご質問をいただきました。「2枚の栽培槽を直列に配管し、1系統で管理したいと思っております。この時、1枚目の排水を2枚目に給水するための知見はございますでしょうか?」通常、農業用の栽培槽は縦に並べた1列は、1本の配管で1枚1枚給液し、別の1本の配管で1枚1枚の排液を集めて液肥槽(タンク)に戻します。青の給液配管、緑の...

    /blog-category-20.html
  6. トマト・ミニトマトの高温障害(生長点・葉)

    トマト・ミニトマトなどトマト類の高温障害について。トマト類は真夏の野菜というイメージで暑さに強いと誤解されがちですが、30℃を超える環境が続いたり、夜温が下がらない状況が続くと高温障害を起こします。高温障害の一つには着果不良があります。梅雨明けからの高温で、それまで順調に着果していたトマト・ミニトマトの花、花が咲いても実がつかず飛んでしまうことはよくある症状です。※「トマト・ミニトマトの高温障害(着果...

    /blog-category-15.html
  7. 水耕栽培で小玉スイカ!2株から18玉収穫!食べるグリーンカーテンで美味しくエコ

    ホームハイポニカ303型に小玉スイカの苗を2株植えて、秋までに18玉収穫した事例をご紹介します。ただ小玉スイカを育てて食べるだけが目的ではなく、窓辺を小玉スイカのつると葉で覆って2018年の猛暑をグリーンカーテンで涼しく過ごす事ができました。覆った葉で体感気温を涼しくするだけでなく、甘くて水分たっぷり、体を中から冷やしてくれるカリウムたっぷりの小玉スイカを食べて、体の外も中も涼しく元気に夏を越すことができ...

    /blog-category-16.html
  8. ジャンボピーマンの水耕栽培 1株から183ヶ収穫!

    水耕栽培キット、ホームハイポニカ601型果菜ちゃんを利用したジャンボピーマンを1株から183ヶ収穫した栽培事例をご紹介します。6/30の初収穫から積雪前の1/13までの198日の収穫期間で183ヶ収穫できました。温室も使わず、屋外で初夏から1月中旬までほぼ1日1個ジャンボピーマンが食べられる計算です。放置すると巨大化してしまうキュウリや雨や熟しすぎで割れてしまうミニトマトと比べて、ピーマンはそもそも未熟果を収穫してい...

    /blog-category-17.html
  9. キュウリを1株から207本収穫 水耕栽培の栽培事例 ホームハイポニカ601型の場合

    我が家でのキュウリ収穫最高記録の栽培事例をご紹介します。ホームハイポニカ601型を使用して、4/16 サントリーの強健豊作を栽培しました。最終的に1株から207本のキュウリを収穫をました。その経過をご紹介します。★4月16日買ってきた苗を植えました。うどんこ病に強いというサントリーの強健豊作という品種です。バケツの水に浸して、根の周りの土を取り除きます。きれいに取り除くと根も切れてしまうので、ざっと土を落...

    /blog-category-16.html
  10. 2月3月のトマトの種まき お風呂の残り湯保温で発芽!注意点は?

    まだまだ寒い2月3月、トマトやミニトマトの種まきには不向きな時期です。でも、春が待ち遠しいこの時期、ちょっとでも早く種まきして、ちょっとでも早く今シーズンの栽培を始めたい!そんな風に思っちゃいますよね。私もその一人で、毎年早播きをするのですが、その度に失敗を繰り返しています。そんな失敗も含めて寒い時期の種まきの一例と注意点をご紹介します。でも、大前提!早播きは人様の都合でトマトやミニトマトにとっては...

    /blog-category-9.html