fc2ブログ

水耕栽培Q&A

  1. 2月3月のトマトの種まき ゆたんぽ・ペットボトル保温で発芽!注意点は?

    近年暖冬で2月3月でも4月5月並みの気温の日がありますが、それでも2月3月は急に寒さが戻ったり、気温が安定せずトマトやミニトマトの種まきには不向きですね。反面、夏は猛暑の影響でトマトやミニトマトは着果不良になったり樹が弱る時期が早まっているように感じます。暑さで栽培の終わりが早まる分、たくさんトマトやミニトマトを収穫したいと思うと栽培の開始を早めたくなりますね。ただ大前提、早播きは育てる側の都合であって...

    /blog-category-9.html
  2. 金スマひとり農業のトマトの木をお家でやってみよう

    11/5(金)の金スマの放送で紹介された東大王とひとり農業のコラボ、水耕栽培で育てるトマトの木。放送以来、「普通の家庭でもあんな風に育てられますか?」と言う質問がたくさん寄せられています。3/18(金)にも放送がありましたよね。寒い時期は温室のない一般家庭でトマト栽培をスタートさせるのは難しいのですが、いよいよ園芸スタートのシーズン到来!始めるなら4月5月がお勧めです!一般家庭でもできる水耕栽培のトマトの木...

    /blog-category-15.html
  3. 葉菜用装置や葉菜用パネルでミニトマトのような果菜を栽培できるのか?

    ホームハイポニカシリーズには葉菜専用の装置ホームハイポニカPLAABOがあります。ホームハイポニカPLAABO(プラーボ) 10,800円+消費税果菜用の装置に比べ安価なのでこれでミニトマトのような果菜が栽培できないか検討される方もいらっしゃいます。葉菜専用の装置は背丈の低いサニーレタスとか小松菜、花類の栽培期間が短い植物の栽培に向いています。ミニトマトやキュウリのように枝葉が大きくなる果菜類の栽培に不向きとしてる...

    /blog-category-15.html
  4. 屋外ビニールハウス・室内窓際で越冬したミニトマトの栽培比較

    2018年→2019年の冬、3つのパターンで越冬したミニトマトの栽培をご紹介します。それぞれのミニトマト君がそれぞれの環境でできる精一杯の生長をしてくれました。前回紹介した「屋外栽培のまま、たまたま偶然越冬したミニトマトの栽培経過」もご参照ください。①屋外で偶然越冬(全く何も対処せず、たまたま越冬したミニトマト)2018年春定植→2018年夏に株元が傷みしおれる→対応してすこしずつ回復→越冬→2019年6月再収穫→2020年1月ま...

    /blog-category-5.html
  5. 屋外栽培のまま、たまたま偶然越冬したミニトマトの栽培経過

    2018年→2019年の冬、3つのパターンで越冬したミニトマトの栽培をご紹介します。それぞれのミニトマト君がそれぞれの環境でできる精一杯の生長をしてくれました。①屋外で偶然越冬(全く何も対処せず、たまたま越冬したミニトマト)2018年春定植→2018年夏に株元が傷みしおれる→対応してすこしずつ回復→越冬→2019年6月再収穫→2020年1月まで収穫②ビニールハウスで囲って越冬2018年9月挿し芽→12/27屋内窓際に移動→2019年2/8初収穫→4/7屋...

    /blog-category-5.html
  6. 2020年6月中旬 店長宅の様子

    今年は4月が寒かったですね。なので例年より生育が遅れ気味ではありますが、それでもミニトマトの収穫も始まり、栽培を楽しんでいます。我が家の庭はこんな感じに並んでいます季節のタイムリーな栽培情報はfacebookでfacebookに登録していなくても見ることができますよ。店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」フォローしてね。水...

    /blog-category-15.html
  7. 窓際で残ったミニトマトと屋外に移動したミニトマト、どうなったか

    前回の記事で窓際と屋外との照度の違い、季節による窓辺への光の射し込み方の違いを紹介しました。「窓際と屋外との照度の違い やっぱりお外でしっかり太陽が一番」2月末から室内窓際で育苗をして、3月末に屋外に出した苗と窓際でそのまま栽培した苗がどんな生育をしているかをご紹介します。3/30に一方は屋外に移動し、一方は窓際でそのまま栽培を続けました。そして、4/25の様子葉の枚数も茎の太さも全然違う姿になっています。...

    /blog-category-18.html
  8. 窓際と屋外との照度の違い やっぱりお外でしっかり太陽が一番

    このブログではお部屋の窓際での栽培をたくさん紹介しています。「ミニトマトの窓際栽培」「室内窓際で大玉トマト大収穫!」「家の中で野菜が栽培できるか?」なので、いつでも窓際でトマトが育つと思っている方が多いので今回の記事を作成しました。我が家では少しでもスタートを早くして、収穫期間を延ばすために、例年2月末もしくは3月頭に室内の窓際でミニトマトの育苗をしています。そして、3月末や4月になってから屋外の気温...

    /blog-category-18.html
  9. トマト・ミニトマトの葉に白い斑点が… 原因は?(移動後や定植後の葉焼けについて)

    葉に白い斑点がある。虫?病気?いろいろ原因はありますが、定植後の葉焼けが原因の場合があります。例としては3月から室内で育苗していた苗を3/30に室内から屋外に移動させました。 3日後 室内の環境から屋外の環境に変わったため、急な強い日差しで焼けたり、急な温度の変化などで葉が焼けてしまいます。この症状は最初小さな細かい点だったが大きく広がるように見えますが、新しい葉には発症しないのが特徴です。3週間後の...

    /blog-category-6.html
  10. 5月末からでも間に合う!食べるグリーンカーテンで美味しくエコ

    真夏に窓辺を大きく覆いたいグリーンカーテン。春に始めないと無理?いいえ、生育が早い水耕栽培なら5月末・6月に植えてもグングン伸びて窓辺を覆ってくれます。今回は5/23にホームセンターで買ってきたサントリーの夏あま赤の苗を定植して7月初めには窓辺を覆い、翌1月までに1株から1278ケのミニトマトを収穫した事例を紹介します。●5/23 夏あま赤の苗をホームハイポニカ601型に定植●6/14(定植13日目)初開花●6/24(定植1か月)...

    /blog-category-15.html