比較栽培実験の結果 ビニルハウスの有無のメリットデメリット 

前の2回の記事でビニルハウスのメリット・デメリットを紹介しました。
「ビニルハウスを使うとどれだけ収量UP?」
http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
「ビニルハウスを使うデメリットを知って効果的に利用しよう」
http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

今回は実際に比較栽培実験をした結果を時系列で紹介しますね。
11月中旬まではハウスがあることでデメリットが目立ちましたが、
11月下旬からはハウスがあることでのメリットが見られますよ。
 
10/3種まき


10/9定植



10/10の様子


10/17の様子


10/21の様子


10/29の様子

小松菜収穫

収穫後の様子


11/12の様子


ハウス内の水はは葉色も薄くひ弱な感じ。

パクチョイも温度が高すぎたせいかハウス内のものは痩せてNG。
ハウス外の方がしっかり育っています。

11/25の様子

この頃から屋外の野菜は寒さで生育が抑制されています。
ハウス内のレタスなどは伸び伸びと育っています。
収穫物では

チンゲンサイはハウス有りの左は株の太りがイマイチ。
やはり寒い屋外の右の株の方がしっかり育っています。

でにサウーレタスはハウス有りは8枚 屋外は5枚。
寒さで色も違いますね。


コスレタスの収穫も ハウスありは10枚 屋外は8枚です。
収穫後はこんな状態になりました。


その後12日の12/7の様子は 

ハウス内の方が断然生育がよいです。

サニーレタス、ハウス内は大きな葉で5枚収穫ですが 屋外は小さいの2枚

コスレタスも ハウス内は8枚 屋外は4枚

12/28の収穫では

右の屋外は寒さでしぼんでいます。

サニーレタスはハウスありなら大きい葉が5枚 屋外は小さいのが3枚

コスれたすの収穫ですがハウスは柔らかい葉ですが
屋外の(右)は寒さでゴツゴツで少し苦かったです。

その後は2/7の様子ですが

ハウス有りはドンドン育っていますが、屋外は寒さで縮こまって全然です。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


結果としてはやはり11月中旬まではデメリットが大きいのでハウスは不要。

11月下旬~3月下旬までの寒い時期はハウスのメリット大!
是非ビニルハウスを利用しましょう。




こちらは1/24~1/30の激寒期の温度データです。
メリット大ですね。



当店では簡単に折りたためるビニルハウスを取り扱っています。
詳しくはこちらのページで

http://www.gokigen-yasai.com/house.htm

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



スポンサーサイト
2011-10-28 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ビニルハウスを使うデメリットを知って効果的に利用しよう

ビニルハウス、これからの激寒期、簡単なものでも作物の生長には効果的です。
サニーレタスの収穫ではハウスの有無で倍の収穫の違いがありました。
詳しくはこちらのブログをご参照ください。
 ↓ ↓ ↓ 
ビニルハウスを使うとどれだけ収量UP?
 http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

ですがいいことばかりではない。
今回はビニルハウスを使う場合のデメリット・注意点をご紹介します。

農家さんが使うような大きなビニルハウス・温室であれば大きな空間ですし、
暖房機や換気窓を使って温度や湿度の調節ができます。
ですが家庭菜園で使うようなビニルハウスは小さいことがほとんど。
小さい空間だから起こるトラブルがあります。

注意したい主なトラブルは
①温度の上がりすぎ
②湿度の上がりすぎ
③湿度による水滴で日照不足
④温度湿度変化の激しさによる植物の弱り
⑤温度湿度変化の激しさによる病気の発生
⑥害虫にとっても好環境

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


①温度の上がりすぎ
10/24~10/31の温度データです。

ハウスがあると晴天時は40℃超です。
ハウスがなくても25℃となるのでハウスがあることで温度が上がり過ぎる状況です。

②湿度の上がりすぎ
③湿度による水滴で日照不足
小さなハウスなので湿度が上がりすぎてしまいます。

地面が土だとこの傾向が強いように思います。
このように水滴がつくことで日照不足になるようで
10月11月では返ってハウスがあることで葉色が薄くなり
栽培結果としてはよくない状況になりました。
葉色が薄いでしょう?
 ↓ ↓ ↓
 左:ハウス内     右:ハウスなし
 

④温度湿度変化の激しさによる植物の弱り
⑤温度湿度変化の激しさによる病気の発生
葉野菜ではあまり病気はないですが、
イチゴなどの栽培ではウドンコ病や灰色カビ病が出やすくなります。

⑥害虫にとっても好環境
また害虫にとってもハウスの中は暖くって天敵からは身を守れて好環境。
気づいたらムシャムシャ食べられていたってことになりがちです。

ハウスを設置したら害虫にはご注意を。
早く気づいて取り除くのも大切ですし、予防したい方はこちらの天然成分の農薬もオススメかも?
カダンセーフシリーズ バシレックス水和剤(天然微生物で害虫退治)

こちらの効果は現在試験中です。
また結果が出たら報告しますね。

このようにビニルハウスにはマイナス面もあります。
でもプラス面もあります。
どうしてそうなるのか?
植物の立場に立ってプラス面(温度)マイナス面を考えて
差し引きプラスが大きくなる時期にご利用ください。
ごきげん野菜ではハウスの設置は11月中下旬~3月末4月上旬がお薦めと思っています。

1/24~1/30の激寒期の温度はこんなに効果的


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。

2011-10-28 : : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ビニルハウスを使うとどれだけ収穫UP?

 当店では簡易ビニルハウスを取り扱っています。

詳しくはこちら http://www.gokigen-yasai.com/house.htm

ビニルハウス、これからの寒い時期使うとどれだけいいか?
昨年サニーレタスでどれだけ収穫量が違うか試してみました。

結果としては12月~2月の激寒期の収穫量が
ハウスあり 125枚 660g
ハウスなし  79枚 300g
なんと倍です!

簡易ビニルハウスは加温機能はありません。
ですから昼間の日照で温度が上がりますが夜間はハウス無し同様に温度が下がります。

それでも昼間の温度が上がるだけで倍の収穫があるのです。
当たり前のようですが冬場は温度が一番のマイナス条件なんですね。
それを少し改善するだけで激寒時期でも収穫を楽しめるんです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


実際の栽培の様子と収穫の違いを見てください。

10月16播種
10月19定植


11月8日の様子


11月25日ハウス設置


12月3日初収穫



12月14日収穫





12月24日収穫


1月17日収穫






2月9日収穫


2月26日収穫



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


でもハウスもあればいいというものではありません。
害虫にとってもいい環境で虫を閉じ込めてしまいます。
湿度も上がり病気にもなりやすくなります。


湿度のせいで曇ってしまうと日照が減ることも。


ハウスの使い方の注意点については次の記事で掲載することにします。


当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。

2011-10-21 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

液肥更新(交換)の良い効果と注意した方がいいこと

液肥更新についてご質問がありました。

調子が悪い時に液肥更新を勧められ交換してみて感じたことですが、
交換後に肥料の減りが早くなり、樹勢も回復したように見えました。
もちろん他の条件も揃ってそうなったと思いますが、最も効果的な対策だったように感じます。
液肥交換にはどんな意味があるのでしょうか。
2ヶ月とか3ヶ月とかで、定期的に交換するのもよいように感じるのですが、いかがでしょうか。

ハイポニカは基本的に液肥の交換は必要ないとお伝えしています。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。
http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

でも液肥更新(交換)にはいいこともあります。その意味としては
①肥料バランスの修正
②老廃物の蓄積の廃棄
があります。

①肥料バランスの修正
ハイポニカ肥料は植物の生長に必要な成分をバランスよく配合しています。

植物が吸収すると減った分だけまた同じバランスの液肥を追加します。


ですが植物はその種類や品種、生育段階や周りの環境によって
肥料成分の吸収バランスが違います。
そのためどうしても栽培を続けるうちに肥料成分のバランスが崩れていきます。


液肥更新(交換)をすることでこの肥料バランスを修正することができます。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります



 
②老廃物の蓄積の廃棄
植物は根からいろいろなものを出しています。

もちろん悪いものばかりではありませんが、
調子が悪いと根から出す有機酸でpHが大きく崩れたりすることもあるようです。
このようなものも液肥更新(交換)をすることで新しくきれいな液肥にすることができます。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ

 
①②の必要性は栽培している水耕装置の容積が小さい程
バランスが崩れたり過剰に老廃物がたまるのでこまめに交換するといいかもしれません。


↑ ↑ 容積が小さいとバランスが崩れやすい。

↓ ↓ 逆に容積が大きいとバランスは崩れにくいです。


ですが液肥更新(交換)もいいことばかりではありません。
植物は植物なりにバランスをとっています。
調子がいい時にガラッと液肥を交換することで逆に調子を崩すことがあります。

特に注意してもらいたいのは液温と塩素です。
液温は暑い時期に昼間温かくなっている液肥を一度に捨てて、
急にひんやり冷たい水道水を入れると
根にとっては急な温度変化でびっくりして根を傷めることがあります。

またこれも夏によくあることですが水道水の塩素がきつい時期があります。
普段は少しずつ追加追加ですので影響が少ないですが、
一度に新しい水道水で全量交換をすると塩素で根が痛むことがあります。
これらのことからも調子が悪い時の液肥更新(交換)は有効ですが
あまり頻繁にしすぎてせっかくの好調を崩すことのないようご注意ください。

あとホームハイポニカで液肥更新するにはこちらの方法が便利です。
ご参照ください。http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ


今回ご質問をいただいた方はホームハイポニカ303型でトマトをいくつ収穫できるか挑戦中の
こだわりのユーザーさん(石川県のNさん)。
この方の栽培の紹介はこちら。
http://suikouqa.blog.fc2.com/blog-entry-53.html
今年はすでに1本のトマトの樹から420個を収穫。

このような方には少しでも条件を良くするための手段として液肥更新は有効です。
でも普通に家庭菜園で楽しむにはあまりそこまでこだわらず、
よほど調子が悪い時だけ液肥更新(交換)を検討されればいいと思います。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています 
ポチッとクリックしてもらえると励みになります


ショップホームページへ



当店では子供服や絵本のおふる・使っていない日用品を提供する支援サイトの運営・管理をしています。
被災地外では支援の熱が少し冷めてきているのか提供の件数が減ってきています。
子育て世代でなくても参加可能です。
是非一度サイトにいらしてください。

みなさまのご協力・お参加お待ちしております。

2011-10-05 : 肥料・養液に関する疑問質問 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる