FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

液温の上昇はどうすればいい?

炎天下で液肥の水温は大丈夫でしょうか?

こんなご質問をいただきました。
そうですよね。
炎天下には液温が上昇します。
植物にとっては良くないですよね。

通常畑のような土に植えられている植物は、
地温が比較的安定しているのでそれほど根域の温度は急激に上がりません。
ですがプランターなどの土は根域の温度上昇で根が弱ります。

ekion04.gif

水耕でも同じことが言えます。
畑の土に比べ大気中に露出していますからどうしても液温は気温に影響を受けてしまいます。
少しでも影響を少なくするためにホームハイポニカでは
発泡スチロールを利用しています。

液温が上がると何が悪い?
★そもそも温度自体が上がることで根が弱ります。
★水耕では溶存酸素が減る。

水に溶ける溶存酸素の量は温度や気圧によって飽和量(めいいっぱい溶ける量)が違います。
例えば1気圧の場合、
20℃ → 8.84mg/㍑
25℃ → 8.11mg/㍑
30℃ → 7.53mg/㍑
35℃ → 7.04mg/㍑
となります。

ですから液温が上がると同じように循環させて酸素を含ませていても、
液肥内の酸素の量がどうしても減ってしまうのです。
ekion01.gif

常に液肥を循環させているハイポニカでもそうですから、
なかなか全体に酸素を溶かし込みにくいブクブクやその他の水耕では
更に根が酸欠になる(液肥が腐る)状態になりやすくなります。
ekion02.gif

ですが実際ホームハイポニカでは炎天下になる時期には
既に枝葉が育ち、装置が影になっていることがほとんど。
確かに液温は上がるのですが、植物の生長に大きなダメージになるほどにはなっていません。
ekion03.gif

ですが栽培開始時期が遅く、まだ小さい苗の段階で炎天下を迎える様な事態になれば、
装置を陰にするなど工夫をしてもらうといいです。
100円均一で販売されている車の日よけ(サンシェイド)などをご利用になるといいですよ。
CIMG6869.jpg

液温が上がった状態でサンシェイドをすると保温になる場合もあるので、
朝の涼しい時間に設置してあげてください。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

★農業の現場ではどうしているか?
農業で水耕をされている方々はビニルハウスやガラスハウス内を利用されています。
ビニルハウスやガラスハウス内は屋外以上の気温になります。
つまり、家庭菜園以上に夏場の暑さによる根や枝葉の弱りには苦労されています。

太陽の光はあればあるほど植物の生長にいいのですが、
光以上に温度が害を与えるので、やむを得ず遮光カーテンや遮光剤を散布して、
ハウス内の温度を下げる工夫をされています。

更に液温の調整もされる方もあります。
ekion05.gif
チラーやヒートポンプのような冷却機を利用して、
電気で冷やした水をステンレスのコイル管に通して、
間接的に液温を下げる工夫をしています。
でもとっても電気代がかかる。

ekion06.gif
また井戸水が豊富にある農家さんでは、
井戸水をステンレスのコイル管に通して、
温まった水は捨て流す方法で少しでも液温を下げる工夫をしています。

家庭菜園の水耕栽培でもより元気に育てたいなら、
熱帯魚用の水温調整機を利用するなど方法がない訳ではありませんが、
室内で管理している熱帯魚の水槽と違って、
炎天下の水耕の液肥を冷やすのはランニングコストがかなりかかります。
冷やしても冷やしても温まるので何だか電気の無駄遣い。

それよりは必要以上に液温が上がらないよう、
サンシェイドや発泡スチロールなどを利用して装置に
直射日光が当たらないように工夫するのが現実的な対応だと思います。
液温を気にすることも大切ですが過剰設備にするより、
植物の他の様子を見てやりながら栽培することで充分育ちますよ。

601-13.jpg
ホームハイポニカ601型で1株から2224ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


Sarah_06.gif
ホームハイポニカSarah(サラ)で1株から5145ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


601-06.jpg
ホームハイポニカ601型で1株から207本キュウリをとった栽培事例の記事はこちらから




季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」
instalogo01.gif
フォローしてね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。


ホームハイポニカシリーズの比較はこちら
ホームハイポニカの比較.gif


midoricamp14.gif
ただ今303型に1リットル肥料がつくキャンペーン実施中です。
今がお得ですよ!


自然派防除の商品の販売を始めました。
自然派防除の商品を販売しています。
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012-06-05 : 肥料・養液に関する疑問質問 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。