水耕栽培の野菜、妊婦に大丈夫?

こんなご質問をいただきました。

「妊娠中にハイポニカの肥料だけで育てたトマトを毎日食べることは問題ないですか?
妊娠中だも、普通だと気にしなくてもいい、マグロの水銀やヒジキの砒素、肝のビタミンAなど、取りすぎに気をつけないといけないことが沢山あるとききました。
そのため、毎日化学肥料のみで育った水耕栽培のトマトを食べるって、普通より気にするべきところなのかしら?と、気になりました。
疑っているようで不快にさせてしまったら申し訳ありません。
よろしくお願いします。」


tentyou04.gif

まずはおめでとうございます。
赤ちゃんの誕生、楽しみですね。
それと不快だなんてとんでもない。
妊娠するといろいろな情報があって不安ですよね。
自分の情報不足で自分が病気になるならまだ諦めがつきますが、
自分の選択が子供に影響するかと思うと慎重になる気持ち、とても分かります。

今回の記事は
一般的に言われている情報について
★化学肥料について
★硝酸態窒素について

それとハイポニカトマトを食べまくっている
★店長の妊婦体験
を記事にさせてもらいます。
tentyou05

詳しくは続きをご覧くださいね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
お店のホームページにも水耕栽培情報満載です。遊びに来てくださいね。

★化学肥料について
muki01.gif

化学肥料(無機肥料)って有機肥料と比較して何となく悪いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
有機肥料で育てても、植物が吸収する時には有機肥料そのままでは殆ど吸収できません。
有機肥料は化学肥料(無機肥料)の形に分解されて初めて植物に吸収されるのです。
ですから、有機栽培の野菜も結果的には化学肥料を吸収して育っています。

この有機肥料→分解→化学肥料(無機肥料)になる過程で微生物の働きが必要で、
有機肥料で栽培すると、微生物が土壌に多く生息し、よい土壌環境(程よい保水・空気層)を作る事ができるのです。

muki021.gif
化学肥料だけで育てると土がダメになるとされているのは、化学肥料だけ与えている環境ではこれらの微生物がいなくなってしまい、土が固くなって根の伸長や保水バランスを崩すことが一因です。
※微生物の働きはいろいろでエンドファイトなどこれだけでは語れないところがあります。

つまり、化学肥料自体が悪者ではないことをご理解いただきたいと思います。
有機栽培の野菜も化学肥料の形になって吸収しているのです。
逆に言うと化学肥料を吸収した野菜を食べたら毒になるのであれば、
野菜全てを食べることができないということになってしまいます。

muki03.gif
ちなみに水耕栽培においては水の流れを作ったり、ブクブクで空気を混ぜたり、
微生物くんに土を柔らかくしてもらう必要がないので、無機肥料だけでも栽培ができています。
※じゃあ水耕栽培で微生物は不要なのか?有機肥料は不要なのか?と言われると
ちょっとまだうまく説明できませんが、現在店長なりに実験中・検討中です。
うまく自分の中で咀嚼できて解説できるようになった時に記事にさせてください。

★硝酸態窒素
化学肥料の中で問題と論じられているのが硝酸態窒素です。

植物の生長には窒素肥料は必要です。
ですが硝酸態窒素は贅沢吸収と言って必要以上に植物が吸収して植物内に蓄積する性質があります。
この余分に吸収した硝酸態窒素を人間が過剰に摂取すると体内で亜硝酸やニトロソアミンになって人体に悪影響を与えると論ぜられています。

特に乳児では胃酸が弱いため硝酸態窒素が亜硝酸になりやすく、
ブルーベビー症候群が問題視されています。

また化学肥料の栽培や水耕栽培でこの硝酸態窒素が多いとも論ぜられていますが、
有機栽培でも肥料の施肥方法によっては硝酸態窒素が多く残留することもあります。

実際、一度自宅で育てたハイポニカ野菜と市販の野菜の硝酸態窒素濃度を測定してみたことがあります。
その時はハイポニカ野菜は1000~4100ppm、有機栽培と記された市販の野菜は4100~7800ppmでした。
サンプル数が少ないので一概にいい悪いは言えないのですが、
水耕の野菜が特に悪い訳でないことはご理解いただきたいと思います。
※この測定実験のデータはまた別途記事にさせてもらいます。

じっくり成長すると比較的この硝酸態窒素が吸収後にアミノ酸に合成されて問題にならないのですが、
生育の早い水耕栽培では硝酸態窒素が残留しやすいと言われます。
また、日照が少ない時は硝酸態窒素が残留しやすいとも言われます。

ですが、硝酸態窒素については上記のような問題提起がありことは事実ですが、
具体的にどの位の量をどう摂取すると問題なのか専門家でも見解が異なるような状況で
日本では特に野菜の硝酸態窒素の濃度は規制されていないような状況です。

硝酸態窒素の人体への悪影響に関して専門家でない私が断言することはできませんが、
現段階では過剰に心配する必要はないのではないかと思います。


そこで私が言えることとしては自分の実体験だけ。
ということで
★店長の妊婦体験
tentyou.jpg
店長は当然ながらハイポニカで育った野菜を食べまくっています。
通常の家庭菜園の方より実験目的で多く育てていますから、多く食べていると思います。

まず長男
tyounan01.gif
8月妊娠→5月出産
妊娠初期にトマトをがっつり食べました。

続いて次男
jinan01.gif
2月妊娠→11月出産
安定期になってからですがトマト・ミニトマトをがっつり食べました。

そして間に流産も経験。
taiji01.gif
9月妊娠→10月8週目で初期流産。
本当に初期の流産でした。
お医者さんにも特に何が問題とかでなく確率的にある流産。
自然の摂理の中でそれ以上成長できなかった受精卵だと認識しています。
もちろんこの時もトマト・ミニトマトを食べていますがそれが原因とは思っていませんよ。

でその後3ヶ月で授かり、昨年生まれた長女。
tentyou04.gif
12月妊娠→9月出産
この年は12月までトマトを収穫。
更に青いトマトを室内で赤くして2月までトマトを食べていました。
「2月節分 まだトマトを食べています」の記事をご覧ください。
また冬場も葉野菜の比較実験をしていたので小松菜・サニーレタスを沢山食べました。
CIMG6068.jpg
プチベール・子宝菜もいっぱい収穫して食べました。
CIMG6175.jpg
CIMG6186.jpg
もちろん、妊娠中期以降もミニトマトや小玉スイカをいっぱい食べました。
CIMG7328.jpg
CIMG7420.jpg

tentyou06.gif
1度の流産は残念ではありましたが、生まれた3人の妊婦期間中はいたって健康な妊婦で、
健診で問題になったことは一度もありません。
お産直前まで上の子と一緒に公園で遊ぶし、上の子はお腹の上に抱っこするし。
お産も安産で元気に生まれました。
その後もおっぱいもバンバン出て、子供にはアレルギーとかもなく元気にやんちゃに育っています。

最初に化学肥料や硝酸態窒素の事を記載しましたが
将来、いろいろな研究が進んで化学肥料が問題だったとならないとは断言できませんが、
今の段階では過剰な心配は不要だと思います。

また流通している野菜の殆どは化学肥料を利用しています。
人間の数だけ妊娠があって、その殆どの人が妊娠中に野菜を食べています。

何より、ハイポニカトマトや野菜を食べまくって健康で元気な3人の子供を私が産んでいますので、
心配せず美味しく食べてもらいたいと思います。

★究極の地産地消
あとこれは私の自論になりますが、
暑い場所で育った野菜は体を冷やす、
冬の野菜は体を温めるって言いますよね。

人間の生活している環境と同じ環境で育った野菜を食べるのが
体に一番適していて健康にいいのではないかと思っています。
地産地消は新鮮だけでなく、その場所で生活している人にとって
その気候にあった栄養価がそなわっていると思うのです。

だとすると自宅のベランダや庭で育った野菜はこれ以上になり究極の地産地消。
大切に育てた野菜を新鮮なうちに食べることはきっといいことがいっぱいだと思いますよ。
そして、どうせ食べるなら心配な気持ちで食べるより、
「おいしい!おいしい!元気になりそう!」と肯定的に食べる方が絶対体にいいはず。

しっかり熟させて美味しい状態で食べて、元気な赤ちゃんを産んでもらいたと願っています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
お店のホームページにも水耕栽培情報満載です。遊びに来てくださいね。


303camp00.gif
ホームハイポニカ303型には1リットル肥料のおまけがつきます。
お得ですよ。


now2.gif
ホームハイポニカ601型 春の特別価格実施中


jack09.gif
限定販売中のホームハイポニカ402型 17000円(税込・送込)

スポンサーサイト

2013-05-16 : 肥料・養液に関する疑問質問 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる