FC2ブログ

小玉スイカの水耕栽培(2013年2)着果と収穫のタイミング

先日のスイカ栽培の続きです。
第一弾の記事は生育状況を記事にしています。
以下の記事をご参照ください。
「スイカ栽培(2013年1)播種~引っ越し~緑のカーテンへ」

CIMG0144.jpg

簡単にまとめるとこんな感じでした。
ひとりじめセブン→11個
ひとりじめbonbon→4個
suika03.gif
4/22に種播きをして通常なら伸び伸び育てるところ、今年は引っ越しがある都合で6月上中旬はハウスの中でトグロを巻いた状態で生育。
CIMG9856.jpg

そして6/22に引っ越しをして急にツルを広げたのですが葉があっちこっち向いて可哀想な状態。
CIMG9946.jpg

でも、スイカくんは着果できるのを待ちわびていた様子で、6/29にはあちこちに着果。
この様子だと6/22の引っ越しから着果が始まっていたようです。
CIMG9965.jpg

CIMG9966_20130915080900104.jpg
CIMG9968.jpg
何にもしていない、自然着果です。

次々着果したスイカはどんどん肥大して7/16にはこんな感じに。
CIMG0060.jpg
窓辺に緑のカーテン、小玉スイカがゴロゴロ!すてきな窓辺でしょう。CIMG0004.jpg

次々着果していたのですが…
そこはスイカくんも考えています。
7/10、一度着果していた実がしぼんでいました。
自分の枝葉の状態や、光の具合や温度、肥料や水、様々な条件の中で
「こりゃ、ちょっとこれ以上無理だわ。」と判断したら肥大するのをやめちゃうんですね。
CIMG0006_2013091508073358b.jpg

その後7/16、急に上部に新たな着果(第二弾の着果)を確認。
CIMG0062.jpg
あれっ?負担が減ったのかな?でも大きな実がいっぱい着いてるのにって思っていたら…
7/22、第一弾の実がパカっ割れていました。
CIMG0087.jpg
おそらく、第一弾の果実が充実して負担が減り、枝葉も伸びて新たな着果が可能と判断したスイカくんが第二弾の着果を始めたのでしょうね。
もちろんこちらも自然着果です。

6・7月の収穫なら着果から29~34日で収穫適期の品種だけど、
勝手に着果しているからさっぱり分からず何となくぶら下げていました。
着果からの日数を数えるより、スイカの実が割れて収穫時期を知らせてくれました。
CIMG0144.jpg
CIMG0130.jpg
CIMG0145.jpg

第二弾の着果も割れたりで収穫を知らせてくれて収穫。
CIMG0109_20130915092456aa8.jpg
CIMG0194.jpg

CIMG0254_20130915075655ba5.jpg

CIMG0636.jpg

それと同じ頃に第三弾が着果。
やっぱりスイカくん自身が負担を考えて着果をさせているんですね。
第一弾、第二弾で疲れ、病気が出て枯れ枯れの状態。
ついた実も二つだけでした。
suika02.gif

第三弾の収穫は結局こんな小さいな実でした。
でもそれなりに美味しかったですよ。
CIMG0599.jpg
CIMG0603.jpg

ここ毎年小玉スイカを栽培しています。
昨年までは早朝にせっせと着果処理をしていました。
雌花をみつけては雄花をとって花粉をつけて…。
でもいくらやってもある程度実が着いていると新たには着果しない。
でも収穫前後には次の着果が始める感じでした。

今年は引っ越しのこともあり、かなり作物は放置状態。
でもこれで分かったこと。
スイカが自分で考えて着果させているってこと。
せっせと受粉処理をしなくても結局自然にスイカが着果させるか着果させないか判断していたみたいです。

もちろん、今年はICHIさんセレクトの「ひとりじめ」っていう品種。
着果しやすい品種だったかもしれないので、他の品種だったらこんな風に自然着果は無理だったかもしれません。
一概には言えませんが、今年に関してはスイカにお任せしたことで勝手にバランスよく着果したようです。

でも、もっとちゃんと管理してあげればもっと第三弾、第四弾と着果して収穫できたかな?とか、
ひとりじめセブンは沢山とれたけど、bonbonの方は4つだけ。
引っ越し前後のゴタゴタでどのツルがどれかさっぱり分からない状態に。
これも反省点ではありますが、今年の状況でこれだけ収穫できていっぱい食べられたことに満足、感謝です。

2018年には小玉スイカ2株から18玉収穫しました。
2013年のような小さな実を含めてではなく、ある程度の大きさの収穫で18玉です。
詳しくは以下の記事をご参照ください。
「水耕栽培で小玉スイカ栽培!2株から18玉収穫 食べる緑のカーテンで美味しくエコ」
suika303-02.jpg

また、大玉スイカの栽培についてはこちら
「大玉スイカの水耕栽培」

他にもいろいろな野菜の栽培が楽しめます。
ミニトマトの水耕栽培
ホームハイポニカ601型で1株から2224ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


ミニトマトの水耕栽培
ホームハイポニカSarah(サラ)で1株から5145ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


きゅうりの水耕栽培
ホームハイポニカ601型で1株から207本キュウリをとった栽培事例の記事はこちらから


ジャンボピーマンの水耕栽培
ホームハイポニカ601型で1株から183ヶジャンボピーマンをとった栽培事例の記事はこちらから



季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」
instalogo01.gif
フォローしてね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。



ホームハイポニカシリーズの比較はこちら
ホームハイポニカの比較.gif

スポンサーサイト
2013-09-15 : ウリ科(キュウリ・メロン・スイカなど) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる