fc2ブログ

激寒期 枯れた作物 元気な作物 寝ちゃった作物①

連日寒い日が続きますね。
寒いと水耕栽培は楽しめないのか?
そんなことありません。

作物によっては枯れちゃうもの、寝ちゃう(休眠しちゃう)ものもあります。
でもこの激寒期でも次々伸びて収穫を楽しんでいるものもあります。
そんな激寒期向けの作物を紹介しますね。
P1010870_R.jpg

記事の続きを見たい方はこちら。
tuduki.gif

この激寒期に収穫を楽しんでいる作物は
子宝菜・菜花・アスパラ菜です。
どれも花蕾を食べるアブラナ科の作物。

【子宝菜】
この中央のでかい子です。
これで一株ですよ。
P1010864_R.jpg
収穫する花蕾も脇芽ごととって葉も食べられます。
食べられる部分が大きいのでとってもおすすめな作物です。
これがひとつの脇芽。
これがいくつも取れるから激寒期の食糧としてとってもお得でおすすめ。
P1010890_R.jpg

【菜花】
こちらは年末から収穫を楽しんでいます。
P1010861_R.jpg
12/20に収穫した菜花。
16本収穫しました。
P1010753_R.jpg
クリスマスのメニューに使いました。
P1010762_R.jpg
12/20に軒並み収穫してしまって12/25には小さな脇芽しかない状態。
P1010773_R.jpg

でも1/12こんなに生長。
P1010876_R.jpg
こんな寒い時期でもギュンギュン生長する脇芽。
こういった花蕾類を食べると冬でも春の芽吹きを感じ、元気がチャージされる気がします。
寒さで甘くなり、花蕾特有のちょっとしたほろ苦さ。
私の大好物です。

【アスパラ菜】
子宝菜や菜花に比べると株も脇芽を小さ目ですが、これもちょこっと収穫、さっと炒めてお弁当のおかずやちょっと副菜に重宝しています。
P1010894_R.jpg
P1010869_R.jpg

P1010874_R.jpg


これらの花蕾をたべる作物、秋の太陽をいっぱい浴びてしっかり貯めていた力を春に向けて開花させようと次々に新しい花芽を伸ばしています。
他の野菜が寒くて休んだり、枯れたりしている隙に一足早く花を咲かせて春の光を独り占めする計画なのでしょうか。
その代りにこの激寒期にも葉が耐えうる構造になっているのでしょうね。

子宝菜の葉が霜でパリパリになっている様子の動画です。

こんな状態になっても霜が解ければへっちゃら。
葉が霜で枯れたりはしません。

こんな寒い季節でも春を感じさせてくれる作物たち。
見ても食べても元気をもらっています。

今回はここまで。
次回はこの続き、寝ちゃった子と枯れちゃった子もご紹介します

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
お店のホームページにも水耕栽培情報満載です。遊びに来てくださいね。


ホームハイポニカ最新機種 Karen(カレン)9,660円(税込・送別)販売開始しています!
karen1.gif
使い勝手もよく、かなりいいかも。詳しくはショップページで。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。


スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】