fc2ブログ

ホームハイポニカ601型の組立・構造

 ホームハイポニカ601型の組立方法と構造についてご説明します。

お買い求めの際は取扱説明書のほかに簡単設置ガイドがあります。
ほとんど組み立てられた状態で梱包されていますし、
図解で組立方法を解説していますのでご安心ください。
601簡単設置ガイド2

以下では構造も分かりやすいように一から組立の説明をします。
①一番外側にプラスチックのトマト型カバー(下)があります。
601トマト型カバー下
トマト型カバー下には液漏れを外に逃がす穴があります。
601型で発生する液漏れについてはこちらの記事をご参照ください。
601トマト型カバー排水穴

②この中に発泡液肥槽を入れます。
これは穴のない発泡スチロールのお椀型の槽です。
中央にこの後重ねる栽培槽を支える柱があります。
601発泡液肥槽601組立1

③次に重ねるのが植物の根の張る槽、栽培槽です。
緑色の槽で約2mmの厚みがあり、液や根で槽がいっぱいになっても
たるまない位厚みと強度があります。
601栽培槽1601栽培槽厚み

④うきを差し込んだ状態で栽培槽を発泡液肥槽の上に重ねます。
その際、勘合部分がありますので位置に注意して重ねてください。
601組立2
601勘合部分

栽培槽と発泡液肥槽は以下の図の段差で支える構造になっています。
601型組立13

⑤水位調節管を入れます。
しっかり奥まで差し込みましょう。
水漏れの原因になります。
601組立4
水位調節管位置2水位調節管位置1

⑥発泡パネルを重ね、フタをします。
601組立3

⑦更にトマト型カバー上を重ねます。601組立5

⑧栽培鉢に培地を緑、黄色の順で重ね入れ、中央の穴に入れます。
601組立7
601組立8

⑨がく型カバーで栽培鉢を固定できるようになっています。
こうすることで苗が風などで飛ばないようにしています。
601組立9

⑩循環ポンプと空気混入器セットをつなげ、循環ポンプを液肥槽の中に、
空気混入器を所定の穴に入るよう以下のように設置します。
601組立10

⑪発泡フタで2箇所の穴を覆います。
601組立11

⑫トマト型カバーのフタもして組立完成です。
601組立12

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。


水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。



そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。
スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】