fc2ブログ

601型の詳しい構造:空気混入器からの液漏れ

 ホームハイポニカ601型で空気混入器から栽培槽に流れる際に他へ液漏れなどしないのか?
そんなご質問がありました。

構造としては空気混入器の先が発泡パネルの中に入り込んでいるので基本的には
液漏れはありません。
601組立10

ですが、多少は液の飛び散りがあります。
そのため栽培をしているうちにトマト型カバー上に肥料結晶の汚れが出ます。
601給液部よごれ

同様に発泡パネルにも飛び散った液肥で肥料結晶が表面につきます。
601給液部よごれ2

この程度の液漏れがあることはご了承ください。

また別の部分での水漏れは装置の設置の傾きや根の詰まりなどで発生することがあります。
詳しくは以下の記事をご参照ください。
「ホームハイポニカ601型の水漏れについて」


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。


水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。



そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。


スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】