fc2ブログ

ホームハイポニカシリーズの容量、栽培槽・液肥槽別の実測値

ホームハイポニカシリーズの全体容量はメーカーから以下のように仕様説明されています。
hyponicahikaku03.gif
でも、
「栽培槽(根の張る上部の槽)、液肥槽(ポンプのある下の槽)はそれぞれどれだけの容量なのか?」
「303型やSarah、402型のように水位が変わると容量はどうなるのか?」
などのご質問があったので実測してみました。

容量Karen
容量601
容量Sarah
容量303

それぞれめいいっぱい溢れる寸前まで入れた場合の水量です。
例えば303型であれば以下の黄色の矢印のラインまで液肥槽に水を入れた場合です。
303水量

ですので、メーカーの仕様よりも多くなっています。
メーカー仕様は余裕を見て表示しているからですね。

303型、402型、Sarahで水位を変化させる理由については以下の記事をご覧ください。
「ホームハイポニカ303型で生長とともに水位を下げる訳 水位の合わせ方」

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。
スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】