積雪後のトマトの状態

12/6朝、広島でも積雪をしたと前回の記事でご紹介しました。
今回はその後の状態です。

P1060028_R.jpg

P1060050_R.jpg

P1060041_R.jpg

どうなってしまったかは記事の続きで。
tuduki.gif


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

積もった雪は薄らでした。
元々枯れていた葉はあるものの、雪に埋もれながらも葉も生長点も元気!
朝方の積雪だったのかな?
日の出で雪がとけてくれれば、この程度の積雪なら問題ないかも?

7:40 日の出時の状態です。積雪していても葉も生長点も元気です。
P1060062_R.jpg

9:25 期待通り、日の出ですっかり雪はとけていつも通りの元気な枝葉になりました!
お日様ってありがたい。暖かな日差しを浴びてピンと元気な生長点を見て一安心。
P1060069_R.jpg

これで大丈夫と油断していると・・・
11:00 うん?少し萎れてる?
いやいや急に暖かくなって温度差で萎れてるだけよね、そうあってほしい。
P1060096_R.jpg

13:30 いや、やっぱり萎れてる・・・。 
P1060099_R.jpg

翌日 11:40 うっすらとの積雪ならばと淡い期待を持ってのが間違いでした。
やはり、トマトの葉は霜や雪は厳禁。
その場でピンピンしていても、すぐ雪がとけても、その凍傷の影響は大きく復活は難しいようです。
P1060128_R.jpg

ではもうこのトマトはダメなのか?
いえ、そうでもありません。
どんどん枯れていくかと思いきや、枯れるのは雪が直に接した葉や生長点だけ。

12/6の積雪から6日後の12/12の朝の様子です。
手前の葉や緑のまま保っているの分かります?
P1060187_R.jpg

うっすらと積雪していただけですので、雪が積もらなかった隠れた生長点や葉はまだ元気に生きているのです。
P1060119_R.jpg

P1060183_R.jpg

そう、まだこのトマトの樹が死んでしまった訳ではありません。
おそらく、もしこれが2月末でこれ以上霜や雪がなく、徐々に暖かくなるのであれば、きっと残った生長点が元気になってこの樹は生き延びてまた新しい生長点を伸ばしてくれると思います。
だから、まだ枯れてダメになったとは言い切れません。

ですがこれからまだまだ寒くなってくる冬の始まり、今は枯れていないかもしれないけど、現実的にはもうこのトマト君がこの状態から復帰するのは難しいでしょうね。
それに残念ながら週末はまた更に寒波到来の予報。
とどめを刺される状態になると思います。

たくさん残っていた実も葉が萎れたショックかぼたぼたと落果。
衝撃の低温に
「こんな子沢山では親の生命維持も無理、ちょっと早目ですまんが独立してくれ。」
と言いたいんでしょうね。
P1060132_R.jpg
P1060133_R.jpg

落ちた果実は室内で赤く熟させてから食べるつもりです。
現在追熟中。

P1060172_R.jpg

さて、ではこの樹、どうするか?
P1060190_R.jpg

合理的な考えで言えば、もうこの葉の状態で新たな光合成は厳しい状態。
実をつけていてもしょうがないので、実は全て収穫して、室内で追熟。
樹の方は水耕栽培の電力(23Wのポンプ)は無駄ですから、もう止めて樹も年末のうちに切ってしまう。
ってことになるでしょう。

ですがここは家庭菜園、
4/6の種まきから8か月以上頑張ってくれているトマト君、
先が予想でき人間はあとは寒さで枯れるだけと分かっていますが、
先がもしかしたら春かもしれない可能性にかけて頑張っているトマト君をこのまま見守ろうと思います。

まだ残っている実は負担が大きいでしょうし、ぼたぼた落ちると大きな傷から追熟する前に傷んでしまうので先にとって室内で追熟させます。
まだこんなに実が残っているんですよ。
P1060191_R.jpg

室内で追熟させれば赤くなってくれそうな大きな実だけ収穫してみました。
P1060201_R.jpg
55ケありました。これらも室内で追熟させてしっかり食べたいと思います。

屋外での巨木トマト栽培に初めて挑戦した今年、
じつはこのトマト、初期は樹勢が強すぎて実が殆どつかず、
7月初めには黄化葉巻病の疑いが出て、
8月は異例の雨続きに株元が傷んで萎れ(詳しくはこの記事を)、
その後、萎れを繰り返しながらも復活、
いろいろなことがあっても後半頑張って集計してみると605ケの収穫。
そして早目の積雪で今回萎れることになりましたが、よく頑張ってくれました。

この巨木の総括は別に記事にする予定ですが、まだ頑張っているトマト君、枯れてしまうのは時間の問題ではありますが、切らずにもう少し見守ろうと思います。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。


水耕栽培ごきげん野菜に来てね
お店のホームページにも水耕栽培情報満載です。遊びに来てくださいね。


農業用栽培槽も自作水耕用に単品販売しています
jisakunou01.gif


ホームハイポニカシリーズの比較はこちら

スポンサーサイト

2014-12-12 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる