FC2ブログ

トマト・ミニトマトの高温障害(生長点・葉)

トマト・ミニトマトなどトマト類の高温障害について。
トマト類は真夏の野菜というイメージで暑さに強いと誤解されがちですが、30℃を超える環境が続いたり、夜温が下がらない状況が続くと高温障害を起こします。

高温障害の一つには着果不良があります。
梅雨明けからの高温で、それまで順調に着果していたトマト・ミニトマトの花、花が咲いても実がつかず飛んでしまうことはよくある症状です。
「トマト・ミニトマトの高温障害(着果不良)」については、こちらの記事をご参照ください。

今回は生長点は葉の様子を写真でご説明。

巨木のトマトに挑戦中の我が家の中玉トマト(Mr.浅野のけっさく)
2018年5月19日の様子
CIMG6221_Re.jpg
CIMG6221-k.jpg

2018年6月9日の様子
CIMG6703_Re.jpg
CIMG6703-k.jpg
ここまでの生長点、葉の状態は伸び伸びと元気な状態です。

そして、梅雨明け後高温が続いて暑さで弱った状態、つまりは
高温障害の状態
2018年8月10日
CIMG7989-k1.jpg
写真では分かりにくいかもしれませんが、葉が柳葉のようにとがっていて、
生長点と花との距離が短い状態が高温障害の状態です。

株全体の状態を見ても、葉1枚1枚が細く小さくなっているので、すかすかの状態に見えます。
CIMG8002_Re.jpg

余りにも暑い状態ならば、遮光カーテンで遮光してあげることも有効です。
太陽の光は植物にとってとても大事なもので、できる限り当ててあげたいですが、でもそれが暑さという害の影響の方が大きくなるのであれば、その害の方を取り除くと少しは植物の回復が早くなります。
こんな風に100円ショップの遮光カーテンを貼ることもひとつの方法です。
CIMG8169_Re.jpg
※だた注意点として、できれば黒い遮光カーテンなら葉から離して利用しましょう。
直接当たると、逆に高温になりすぎる場合があります。

真夏な例年我が家(広島県南部)ではトマト類は暑さで弱ります。
樹自体が暑さで弱り、高温で着果障害も起こすので、9月や10月頭はほとんど収穫できません。
ですが、暑さが収まると、また元気に復活し、新しく着果して10月中旬からは美味しい秋トマトを収穫することができます。

2015年、同じ装置に同じ品種(Mr.浅野のけっさく)を植えた巨木のトマトは
2015年9月8日
P1100043_Re.jpg
このようにスカスカした状態でも
2015年9月30日には
P1100432_Re.jpg
P1100434_Re.jpg
枝葉が元気になり、
10月11月には沢山収穫できました。
P1100715_R.jpg
P1100870_R.jpg
「2015年巨木のトマトで7812ケの中玉トマトを収穫した事例」はこちらの記事をご参照ください。

しかし、2018年は特に暑く、ずっとトマトたちには厳しい暑さが続きました。
2015年の気象庁の気温データを調べるとこんな状態でした。
6789gatukion.gif

なので、8月も9月も暑いままでなかなか回復できず、前半は順調に収穫量を伸ばしていた今年でしたが、後半の収穫が伸びないまま11月にいたっています。
kyoboku07.gif

なんだか、こんな結果を見ていただくと
「ああ、今年は暑いからダメだったんだね」
って残念な声が聞こえてきそう。

とまとんぼくの話を聞いてよ01
「とまとんです。
僕たち植物はいつでも精一杯、今ある環境にできる生長をしてがんばっています。
2018年の暑い暑い夏、暑さに耐えるために葉を細くとがらせ、無理な生長をしない。
実をつけて自分で自分を苦しめないために、着果を飛ばす。
そうして、次の日には涼しい日々が戻るかもとチャンスを信じてじっとじっと暑い夏を耐えてきたんだ。

逆に2015年の僕たちは涼しいからって楽してサボったりせず、沢山実をつけて精一杯生長したんだよ。
どっちの僕たちもその場その場でがんばってるんだ。
どっちがいいとか悪いとか、優れてるとか劣るとか言わないで欲しいんだよ。」
とまとんでした01

そう、2015年のトマトが優れていて、2018年のトマトが劣るってことじゃないんです。
2015年のトマト君も2018年のトマト君も、自分たちの置かれた環境の中で精一杯生長してくれているんです。

2015年のトマト君は2018年のトマト君に比べたら涼しい夏を超えました。
でも、その環境に甘えて楽をするのではなく、精一杯沢山の実をつけて、冬に向かって寒くなる中も少しずつ実を熟させて美味しいトマトを秋も冬も提供してくれました。

また、2018年のトマト君は暑くても暑くても、葉をとがらせて、無理に着果させないで、いつか涼しい日が戻るかもしれないとずっと耐えてくれました。
そして、少ない量でも回復して、今11月に少しずつ収穫が戻ってきています。
何となくダメだった印象になってしまう2018年のトマト君ですが、7月にはこんなに沢山の枝葉を茂らせ、実を収穫できたんです。
単純にこれだけでもすごいことです。

CIMG7450_Re.jpg
CIMG7420_Re.jpg
CIMG7485_Re.jpg
CIMG7599_Re.jpg
CIMG7879_Re.jpg
1日で387ケも収穫した日もあります。

どちらのトマトもそれぞれの環境で100%がんばってくれています。

気象条件に左右されて一喜一憂することもあるかと思いますが、生計を立てるための農業ではない家庭菜園です。
文句も言わず頑張ってくれているのは植物君たちです。
毎年の気象変化にも頑張ってくれている植物君たちに感謝して、感心して、尊敬して、植物との生活を楽しんでもらえたらなと思います。

巨木のトマトの装置以外にも家庭菜園で水耕栽培を楽しめる装置がいっぱいあります。
以下もぜひご参照くださいね。

ミニトマトの水耕栽培
ホーム
ハイポニカ601型で1株から2224ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから

ミニトマトの水耕栽培
ホーム
ハイポニカSarah(サラ)で1株から5145ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから

きゅうりの水耕栽培
ホーム
ハイポニカ601型で1株から207本キュウリをとった栽培事例の記事はこちらから

ジャンボピーマンの水耕栽培
ホーム
ハイポニカ601型で1株から183ヶジャンボピーマンをとった栽培事例の記事はこちらから

小玉スイカの水耕栽培
ホーム
ハイポニカ303型で2株から18玉の小玉スイカを収穫した栽培事例の記事はこちら


季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」
instalogo01.gif
フォローしてね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。



ホームハイポニカシリーズの比較はこちら
ホームハイポニカの比較.gif








スポンサーサイト



tag : 水耕栽培 ハイポニカ

2018-11-14 : トマト・ミニトマト : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる