fc2ブログ

2月3月のトマトの種まき ゆたんぽ・ペットボトル保温で発芽!注意点は?

近年暖冬で2月3月でも4月5月並みの気温の日がありますが、それでも2月3月は急に寒さが戻ったり、気温が安定せずトマトやミニトマトの種まきには不向きですね。

反面、夏は猛暑の影響でトマトやミニトマトは着果不良になったり樹が弱る時期が早まっているように感じます。
暑さで栽培の終わりが早まる分、たくさんトマトやミニトマトを収穫したいと思うと栽培の開始を早めたくなりますね。

ただ大前提、早播きは育てる側の都合であって、トマトやミニトマトにとってはいい迷惑。
今回、早播きの方法をご紹介しますが、これは育てる人の都合だということを前提にして挑戦してくださいね。
とまとん16


以下の記事もご覧ください。
「いつ種まきがベスト?(トマトにとって?人にとって?)」
トマトの種まき いつがベスト 水耕栽培


★発芽適温
そもそもトマトやミニトマトに発芽適温っていうのがあるってご存じでしたか?
種の袋をよく読むと各種、こんな風に書かれています。
2024022201.jpg

25~30℃って夏の温度ですよね。
適温なのでこの温度がないと発芽しないという訳ではありません。
数粒播いて、その中の何本かが発芽したらいいのであればこの発芽適温を厳密に守る必要はないのですが、数粒で何百円するトマトの種だと確実に発芽して欲しい。

発芽適温は安定的に発芽させるのに必要な温度になります。

★今回用意した物はこちら
フタ付きの発泡スチロールの箱(スーパーでもらいました)
2リットルのペットボトル 2本
お湯

★注意点
ペットボトルなので沸騰したお湯だとペットボトルが変形してしまいます。
通常のペットボトルは耐熱温度が50℃程度と言われていますので、熱めのお風呂の温度くらいにしましょう。
箱の容積、設置する部屋の室温によっては条件が変わってきます。

★2月23日 播種
フタをして保温
2022022301.jpg

★発芽までの作業
1日3回程度ペットボトルの水をお湯(45℃程度)に入れ替えてください。
3日目くらいから発芽した種がないか、よく見て確認してください。
※発芽に気付かずフタをしたままだと、折角発芽した苗が日照不足でひょろひょろに徒長します。
↓↓↓ 日照不足で徒長した悪い例
CIMG5235_Re.jpg


★2月27日 播種後4日 発芽発見
このようにスポンジや培用土から白い茎が顔を出したら昼間はフタを開けて窓辺の光を当ててあげてください。
蒔いた種の2・3割がこのような状態になっていれば、まだ発芽していない種も1・2日で発芽します。
2022022701.jpg

★発芽後は温度より光を優先に
発芽してしまえば、発芽適温のような高温を保つ必要はありません。
逆に高温で光が不足する条件では、折角発芽した苗がひょろひょろと徒長した弱弱しい苗になります。
発芽後は光を当てる事を優先して、昼間はフタを開けて室温(10~25℃)にしてください。
2月3月の急な寒波で夜間の温度が極端に下がりそうな場合はペットボトルに40℃程度のお湯2㍑1本程度を入れてフタをして夜間の温度を保ってください。
10℃を切るような極端に室温が下がる状態でなければ、発芽後はペットボトルで保温する必要はありません。


2022031101.jpg


★発芽までの温度
hatugaondo02.gif
今回のようにペットボトルに45℃程度のお湯を1日3回入れた時の温度変化です。
条件
①2月末の寒い日
一番下の線
私の住む広島県廿日市市の気候に一番近い気象庁のデータ(大竹市の気温)
播種から発芽までの気温が最低気温0℃を切ることがある2月末。

②暖房をつけていない部屋の窓辺
真ん中の緑の線が室温です

この条件でも発泡スチロールの中は16~28℃程度に保ち、4~6日で発芽しました。



以前にはお風呂の残り湯に浮かべて保温して発芽させる方法をご紹介しました。
以下の記事をご参照ください。
「2月3月のトマトの種まき お風呂の残り湯保温で発芽!注意点は?」
P1120444_Re加工


今回の記事は2月3月にトマトやミニトマトを安定して発芽させる方法の一つを紹介しました。
ただ、発芽すればそれで終わりではありません。
これは早期の種蒔きの難関のひとつである発芽の問題だけで、この先4月中旬、屋外の温度がトマトやミニトマトにとって安定した条件になるまでの育苗と、育苗環境から屋外への移設のタイミングなど、まだ難関があります。
これについてはまた別の記事で。

2022032901.jpg




動物のように動けない植物は自分がちゃんと生長できないような環境で間違って発芽してしまうと、ダメになってしまうことを知っています。
だから、種のままで自分が育てる絶好のチャンスを待つか、好条件になった時にチャンスを逃さず発芽するか、慎重に温度や水分などの条件が整っているか考えて発芽するかを決めているのです。


今回の記事を読んで、「トマト育てるって難しいのね」って思わないでくださいね。
これはまだまだトマト君にとって寒い時期の2月3月に、ちょっとでも早くたくさん収穫をしたい人が、人の都合で早播きするから、温度の調整やタイミングが難しいだけで、天候が安定してくる4月中旬以降であれば、水分さえ整えれば勝手にトマト君が判断して、勝手にすくすく育ってくれます。


とまとんぼくの話を聞いてよ01
とまとんです。
僕たち植物は発芽した場所から自分で動いて移動することができないんだ。
だから、発芽するかいないかは重要な分かれ道。
慎重に慎重に、この場所で発芽してちゃんと生長できるのか?
温度や水分、いろいろな条件を感じて、発芽するかorしないかを決めてるんだ。

人から見ると、発芽させるのって難しい。
発芽してもそこから育苗(苗を育てる)するのって難しい。
って思うかもしれないけど、人だって新生児の時は病気にもなりやすいし、デリケート。
僕たちも発芽や初期の生長はとってもデリケートなんだよ。

でも、人はちょっとでも早く収穫したいとか、いっぱい採りたいとか、人の都合で僕たちの都合も考えずに種まきの時期を決めたりするよね。
それなのに、上手く育たないと
「なんで発芽しないの?」
「この種古いんじゃない?」
「植物育てるって難しい」
「全然ダメじゃん」
って簡単に僕たちのせいにしたりもする・・・。

「ダメ」なんて言わないで。
そうなるには、そうなった僕たちの理由があるんだよ。

「ダメ」じゃなくダメになってしまった理由を考えて欲しいです。
僕たちはそんな環境でも一生懸命その環境でできる精一杯の生長をしてがんばっています。

とまとんでした01




水耕栽培初心者の方には早期種蒔きはちょっと難しいのでお勧めではありません。
初めての方は是非トマトたちが無理せずそのままで育つことができる4月中旬以降の暖かさが安定した季節に育ててみてください。
詳しくはこちらの動画をご参照ください。


【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】





601-13.jpg
ホームハイポニカ601型で1株から2224ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


Sarah_06.gif
ホームハイポニカSarah(サラ)で1株から5145ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」
instalogo01.gif
フォローしてね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。






ホームハイポニカシリーズの比較はこちら

ホームハイポニカの比較.gif


スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】