FC2ブログ

夏にもヒーターを入れたほうがいいか?

 ホームハイポニカ303型にはヒーターがありました。
夏場でもヒーターは入れておいた方がいいか?

できれば入れないほうがいいです。
理由は温度が上がりすぎる危険があるからです。

冬場は液温が下がりすぎるのでヒーターで温めることで
根の温度を上げることができ、生育が止まるのを防ぐことができるのですが、
夏場は上がりやすくなる危険性があります。

もちろんヒーターは設定温度以上では作動しないのですが、
早朝、一番液温が下がる時間帯でも25℃をキープすることになるので、
その後の温度上昇が早くなり、最高温度が高くなりすぎるのです。
ですから、夏場の栽培ではヒーターを初めから入れない。
もしくは5月中旬くらいからは電源を抜いて栽培してください。

液温が上がりすぎると酸素の飽和量が少なくなります。
温度自体が高いのも問題ですが、根にとっての酸素が減ることも生育によくありません。

通常は暑くなる頃までに枝葉が伸びて、装置に直射日光が当たりにくくなります。
それで液温の上昇は防げますが、手を入れてぬるいお風呂のようになる場合は、
銀色の車のシェードなどを利用して装置に遮光してもらうといいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ

スポンサーサイト



2011-05-18 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる