スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

太陽光パネルを利用した水耕栽培

太陽光パネルを利用した水耕栽培を当店では毎年実験しています。

太陽光パネルの利用は2種類。
1つは太陽光パネルに
①20Wの太陽光発電パネルに12Vの別購入のポンプを直結させて太陽が当たっている時だけポンプが稼働するもの。
太陽光パネル03
②125Wの太陽光発電パネルに充放電制御版・インバーター・バッテリーをつけて24時間稼動可能にさせたもの。
太陽光パネル01

少々曇や雨が続いても平気なように②は大きめの太陽光発電パネルを設置しました。
この装置なら1週間程雨や曇でも24時間ポンプが止まることなく稼働しています。

でもとても大きなパネルに制御版やバッテリー、たった6Wのポンプを稼働させるために
あまりにも大きな設備が必要です。

しかし、そもそも植物は太陽が当たっている時に光合成をしたり蒸散をしたり
多くの活動をしています。
ならば①の太陽光が当たっている時だけポンプが稼働していれば十分ではないか?
それが可能であれば太陽光パネルの利用も簡易で単純な装置で済みます。

そこで①での第1回栽培実験を行なってみました。
6/9太陽光&24時間
↑手前が太陽光が当たっている時だけポンプ稼働のトマト
奥が24時間ポンプ稼働の通常の水耕栽培トマト。
6/9太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/9の様子)
葉のボリュームが違うのがわかりますか?

6/30の様子では
6/30太陽光&24時間
↑太陽光照射時のみ稼働(6/30)
6/30太陽光&24時間
↑24時間稼働(6/30)

7/21太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(7/21の様子)

8/23太陽光&24時間
左 24時間稼働トマト  右 太陽光照射時稼働トマト(8/23)
右が枯れ始めています。トマトサビダニという害虫の被害があっという間に広がりました。
8/26太陽光&24時間
8/26のトマトサビダニの被害が大きくなったときの様子。

8/26太陽光&24時間
一方、24時間稼働のトマトは元気です。
その後以下のように10月まで栽培を続けました。
10/31太陽光&24時間

やはり日が当たっていない時間に液肥の循環が止まることは植物へのダメージは大きいようです。
太陽光照射時稼働のトマトの根はこんなふうになっていて、根がずいぶんいたんでいました。
これがトマトサビダニの害を広げて一度にダメになってしまった要因だと思います。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ


そこで第2回太陽光パネル栽培実験では太陽光照射時稼働の養液に根が傷みにくいように
微生物の資材を投入しました。
その時の栽培はミニトマトでこんな具合になりました。
6/22太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (6/22の様子)

7/7太陽光&24時間
左 太陽光照射時稼働ミニトマト(微生物資材入)
右 24時間稼働ミニトマト (7/7の様子)

7/17太陽光&24時間
7/17の様子

8/4太陽光&24時間
8/4の様子

このように24時間稼働の水耕栽培ほどの生育ではないにしても、
十分家庭で水耕栽培を楽しむ程度には育ってくれました。
ちなみに根はこんな感じでした。
この場合は夜間は完全に停止するのですが(曇であれば稼働)、
それなりに生長しました。
その時の根はこんな感じ。
CIMG1718_R.jpg
CIMG1718_R.jpg
CIMG1719_R.jpg

よく育ったミニトマトの24時間稼働の根が以下のような感じですから、
環境による違いで根も姿形を変えることが分かってもらえるでしょうか。
CIMG1384_R_20130422162459.jpg
CIMG1385_R_20130422162457.jpg

いいとか悪いではなく、間欠運転の環境と24時間稼働の環境では根がこんなふうに変わるのです。


②のような複雑で過大な太陽光パネル装置をつくらなくても、
①のような簡易で単純な装置での太陽光パネルを利用した水耕栽培が
微生物の力を借りることで十分楽しめると判断しています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
ブログ村に参加しています ポチッとクリックしてもらえると励みになります

ショップホームページへ

スポンサーサイト
2011-06-08 : 太陽光発電栽培 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

太陽光発電
具体的にどんな機材を使用されていたか教えて頂けないでしょうか?
2014-03-23 01:31 : teru URL : 編集
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。