水の補給の手間を軽減する方法 店長の新商品開発話

これから毎日暑い日が続きますね。
水耕栽培を楽しむ方なら皆さん同じ毎日の水の補給の手間でお悩みでは?

水耕栽培の最大の特徴は水や肥料を根からたっぷり吸える環境なので
どんどん元気に育ってくれること。
でも最大の欠点は水がたっぷりあることを前提に育っているので、
ひと度水の補給が切れると一度にぐったり萎れてしまい再起不能になること。
 
他の栽培方法ではいつ水が貰えるか分からないから
植物はそれにあわせて無謀な生長をしません。
だから逆に数日水がもらえなくても耐えることができます。

でも水耕栽培では水切れは厳禁。
大きく育てば育つだけ水の吸収も多く、毎日の補給が大変になるんですよね。
うまく育てることができる人ほどこの悩みに直面されていると思います。

それを解決する方法としてホームハイポニカシリーズでは
大型の303型にオプションとして補水器があります。
水道や補水用のタンクにつなげるとトイレのタンクの仕組みと一緒で
一定の高さまで水が補給されるしくみ。
 
でもこれには装置のタンクの底に補水器を接続する穴が必要でした。
だから303型以外の装置には使えなかったのです。


そこで601型501型では苦肉の策で灯油ポンプを使い、
サイフォンの原理で補助タンクから水が補給される仕組みをお薦めしていました。


でもこの方法、例えば20リットルのタンクを横に据えても、
実際水の補給として役立つのは10リットル程度。

また何かのタイミングで灯油ポンプに空気が入ると水の補給がされなくなってしまう。
我が家でもこれでお盆の帰省中に何本もトマトくんを枯らしてしまいました。
ごめんね。

自分が困っていることはきっとお客さんも困っているはず。
3年前から601型や501型でも利用できる補水器の開発にいそしんできました。

まず考えたのが水位センサーでポンプを動かし補水する方法。
1000円程の水位センサーでホームハイポニカで利用している循環ポンプを動かし、
不足すると一定の水位になるまで水が補給される仕組み。
市販の延長コードの一部をちょんぎって水位センサーを挟み、循環ポンプを動かしてみました。



センサーをひっかけて


こんな感じに設置。

最初の年、順調に稼働!
「こりゃいい!」ってことで翌年6台作成して稼働させると・・・
水位センサーの誤作動が多発。

あまり高価でないセンサーだったからかもしれませんが、
ちょっとしたタイミングで水位センサーが動かず補給が止まらず、
周りが水浸しになってしまいました。

溢れるのは目をつぶったしても1日で補給タンクの水がなくなるので
当然2日目の補給ができません。
これでは意味がないし商品化はできない。

頭を悩ましている日々に目についたのが節電グッズで売られていたプログラムタイマー!
 
水位センサーなんて繊細なものを利用してきっちり一定の水位を保たなくても、
毎日だいたい数リットル補給されればいいのでは?
 
そこでまずは簡単なダイヤルタイマーを購入。
でもこれでは15分間毎にしか設定ができず、
循環ポンプにつなぐと1回の補給量が多すぎてNG。

再度適当なタイマーを探しているとあったんです!
デジタルプログラムタイマーしかも値段は2000円を切る。


 さっそく試してみました。


しくみはこんな感じ。

状況によってタイマーの設定を1日20秒とか
大きくなってきて暑くなると1日1分とか微調整する必要がありますが、
でもこれで十分毎日の水の補給の手間は改善されました。

灯油ポンプ利用の補水器に比べ、
20リットルのタンクの20リットルの水が全て補給用に利用できるし、
既販の補水器みたいに303型だけでなく 601型501型、自作水耕の方でも利用できる!
 
微調整をタイマーの秒数の設定を変えてしなければならない手間がデメリットではありますが、
一度うまく調整ができればかなり放っておけます。

5250円で主な材料セットを販売開始しまいた。
詳しくはこちらで
http://www.gokigen-yasai.com/hosuikihoka.htm#timerhosuiki

タイマー式補水機セット 5250円


ところがこのタイマーがリニューアルし、秒単位での調整ができなくなってしまいました。
と言うことで当方での販売は行っておりません(平成29年8月)。
この方法、秒単位で設定できるタイマーがあれば同じように作ることはできます。
当方での販売は中止しておりますが、以下の説明書をご参照いただき、利用したい方は材料を手に入れて工夫して自作してみてください。
タイマー式補水機設置方法の説明書

Sarah_06.gif
ホームハイポニカSarah(サラ)で1株から5145ケのミニトマトをとった栽培事例の記事はこちらから


季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

facebookに登録していなくても見ることができますよ。
店長宅の栽培の様子、収穫の様子をタイムリーに掲載しています。

とまとんが植物の思いを写真とコメントで伝える「とまとんインスタグラム」
instalogo01.gif
フォローしてね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てね
水耕栽培情報満載のお店のホームページも遊びに来てくださいね。



にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培 ブログランキングへ
こちらにもポチッとお願いします。

そして困った時にはお気軽にお問い合わせください。
saport.gif
おひとりおひとりの疑問は他の多くのお客様の潜在的な疑問だと思っています。
Q&Aブログで丁寧に説明することで多くの方にもっと水耕栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
ですのでご質問は当店とってとてもありがたい情報です。
是非お気軽にお問い合わせくださいね。

水耕栽培と言っても簡単な自作水耕からハイポニカまでいろいろですから、お迷いの方は以下をご参照ださいね。



ホームハイポニカシリーズの比較はこちら
ホームハイポニカの比較.gif

スポンサーサイト
2011-07-23 : 装置の特徴・使い方の疑問質問 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブログ村掲載中

ランキングに参加しています ポチっと押してもらえるとポイントになるので励みになります。 参考になった方は是非ポチっとお願いします。

プロフィール

ごきげん店長

Author:ごきげん店長
水耕栽培ハイポニカの元社員。結婚退職後、家庭で楽しむ水耕栽培を紹介するネットショップ「ごきげん野菜」を開店。日々お客様にお答えしている栽培の疑問質問をブログ形式で紹介しています。

ごきげん野菜ではもっと気軽にご家庭で水耕栽培を楽しんでいただけるよう家庭で楽しむ水耕栽培情報、皆さんの困ったや疑問にお答えしています。
お店のホームページには水耕情報満載。
http://www.gokigen-yasai.com/
お店にもぜひ遊びにいらしてください。

季節のタイムリーな栽培情報はfacebookで

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お薦め商品情報

ごきげん野菜でのお薦め商品です

ホームハイポニカSarah+(サラプラス)
24,800円+消費税

更に使いやすく改良!
巨木栽培や緑のカーテンにおすすめ機種です。


ホームハイポニカ601型
14800円+消費税

使いやすいサイズでお手頃価格!


ホームハイポニカ303型
34800円+消費税

本格派大型水耕キット
緑のカーテンなど巨大に育てたい方はこれ!
当店独自のサービスで通常1リットル肥料付属に更にもう1セットプレゼント中!



ホームハイポニカSarah(サラ)
24,800円+消費税

選べる3色


ホームハイポニカkaren(カレン)
10,000円+消費税

コンパクトでおしゃれな機種です。
葉野菜栽培専用機です。


ハイポニカ肥料500ml
1200円+消費税


ハイポニカ肥料1リットル
2000円+消費税



ハイポニカ肥料4リットル
6000円+消費税



ハイポニカ肥料20リットル
20800円+消費税



ペンタガーデンvalue 
933円+消費税
ペンタガーデンpro 
3000円+消費税

光合成の効率をupさせるアミノ酸入の肥料。日当たりが悪いところでの栽培に効果あり。


折りたたみ式簡易ビニルハウスS
2300円+消費税

使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。


折りたたみ式簡易ビニルハウスL 3654円(送別・税込)
使わない時には簡単に折りたためて場所を取らない。 冬にあると生育が全然違うよ。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる