fc2ブログ

2月節分 まだトマトを食べています

野菜高騰のこんな時、家庭で水耕栽培していてよかったと思います。
我が家では春から12月まで育てていたトマトを節分の2月でもまだ食べています。

店長は広島県の比較的温暖な地域に暮らしていますが、
それでもトマトが屋外で育っているのは12月、1月が限界。
寒さでトマトが枯れる様子は以下の記事をご参照ください。
「トマト・ミニトマトが寒さで枯れるとどうなる?」

今シーズンは枯れる前でしたが12月14日に撤去しました。
21-001.jpg
トマトくん、撤去前の様子です。

その時とれた青いトマト君たち。
21-002.jpg
青いトマトではありますが、9月10月に着果してから12月までじっくり時間をかけて太ったトマト。
充分太陽の恵みを美味しさとして実に閉じ込めています。
あとは温度で赤くなれば充分おいしく食べることができるんです。

トマトが赤くなる仕組みについては以下の記事をご参照ください。
「トマト・ミニトマトの着色 いつ赤くなる」
「トマトが赤くなるのは温度 ではお日様は?」

秋冬トマトが美味しい理由はこちらの記事
「11月トマトが甘くておいしい訳」

この青かったトマトくんは2週間後の12月29日にはこんな感じ。
21-000.jpg

そして3週間後の1月7日にはこんな感じ。
21-00.jpg

その後は冷蔵庫で保存していますが、2月3日節分の今日も食べています。

青トマトを赤くする方法としては暖い室内においておくこと。
と言っても我が家はガンガン暖房する方ではないので、
暖い室内に置いておけばもっと早いペースでトマトくんは赤くなります。

保存する袋がビニールだとトマトの表面に水滴がついたりしてヘタにカビが生えやすくなります。
ダンボールとか紙袋に入れておく方がいいと思います。

でもさすがにそろそろ冷蔵庫のトマトくんもぶよぶよ気味です。
そろそろトマトは6月までおあずけかな?

でも水耕栽培で家庭菜園の激寒期の収穫物はまだまだあります。
他の野菜栽培の情報はまた記事にしますね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしてもらえると励みになります。よろしくお願いします。

水耕栽培キットホームハイポニカ601
この商品で育てたトマトです。
使い方や栽培で困った時は店長にお気軽にご相談くださいね。

水耕栽培ごきげん野菜に来てねお店のホームページにも水耕情報満載です。遊びに来てくださいね。
スポンサーサイト



Youtubeおすすめ動画


水耕栽培でミニトマトを5666ケ収穫 ホームハイポニカMASUCO(マスコ)【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】
【水耕栽培】初心者でも鈴なりミニトマトができる5つのポイント【とまとん母さんの水耕栽培で家庭菜園】